男性が亀頭増大術に踏み切るきっかけとなる体験

男性が亀頭増大術をしようと思うきっかけとは

亀頭増大術とは文字通り、亀頭全体やカリ部分をヒアルロン酸やパフォームなどを亀頭に注入してペニスを増大させる手術です。「亀頭増大術は病気のための治療にも関わらず、男性たちは施術を受けるのか」、その理由を簡単にまとめるなら自己顕示欲を刺激されたからに尽きます。
自己顕示欲とはすなわち見栄です。
女性にも見栄を張る人はいるものの、男性のほうがその意識が強く、場合によっては手に負えない事も多々あります。これは亀頭増大術を希望する人の理由にも当てはまり、例えば親しい友人とともに温泉を楽しんでいる際に若者と自分たち中年の体について議論し、最後にペニスの話題になったとたんに本能的に「このままではまずい」と感じたというエピソードが代表的です。
見栄っ張りな男性は自分より優秀な人が傍にいると張り合う習性があり、おまけに他人の評価で自身を保っているところもあるので病気でもないのに手術を受けようとします。

亀頭増大術を考える最大のきっかけは早漏

早漏とは少々定義が曖昧であるものの、女性がエクスタシーを感じる前に射精してしまう事を指しています。日本人男性の3割から5割が「自分は早漏である」と考えており、ネットにはその治し方が多く表示されているほどです。
その原因は精神的な要因と身体的な要因に分けられています。
前者はストレスや不安などから、後者はセックスの体験が不足している事や刺激に過敏な事、加齢による筋力の低下などから引き起こされるのが主な理由です。
肉体関係を結んでいるパートナーとのセックスは大事なコミュニケーションですが、早漏を何度も体験してしまうと互いにセックスをしようとしなくなります。男性は自信を持てなくなるせいで、女性は相手がオーガズムを与えてくれないせいゆえです。
しかし亀頭増大術を受ければペニスの感度調整が可能となり、早漏を引き起こす確率を引き下げます。女性にしてもペニス全体が増大されるとその大きさゆえに膣内の感度が上がるため、セックスの不満が解消されるわけです。

まとめ

病気の治療でもない亀頭増大術を男性たちが受けるきっかけは身体的な経緯など、様々なエピソードから自己顕示欲を刺激されたからに尽きます。
特に数多くの男性たちが悩んでいる早漏は顕著で、定義は曖昧ですが、女性がオーガズムを感じる前に射精してしまう体験は男性の自信を傷つけているようです。パートナーがいれば尚更で、満足できるセックスができないせいで互いに不満を持つようになっていきます。
それを解消する手段の1つに亀頭増大術があるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です